水漏れ修理を修理するのは容易ではない|プロに相談

ポタポタ漏れを甘くみない

メンズ

単純そうで奥が深い修理

突然蛇口付近から大量の水漏れが発生したり水が止まらなくなったりしたら、水道の元栓を止めることと同時に、誰もが水回りの修理業者さんを頭に思い浮かべるのではないでしょうか。しかしそこまで緊急性がないようなポタポタと蛇口から垂れ続ける水漏れの場合は、そのうち自分で修理すると言い訳しながら何か月も放置してしまいがちです。ポタポタとした水漏れが始まったということは、間違いなく水道のパーツが古くなってきているということです。素人の場合、古くなったパッキンのみの交換で修理を済ませてしまうことが多いでしょう。実際そういった修理は簡単ですし、水漏れはそれでいったん収まってしまうことが多いからです。しかしながら半年もしないうちに、今度は違う継ぎ目からポタポタと水漏れが始まるというケースが後を絶ちません。これは一か所のパッキンを新品に交換したことで、水圧が次に劣化している箇所に強くかかりそこから水漏れが始まったためです。パッキンが古くなっていたのは最初に水漏れしたところだけではなかったせいです。業者さんに修理を頼んだ場合、一か所のパッキンの交換程度で済む問題なのかそれとも本体劣化についても修理が必要な状態なのかを見極めてくれます。パッキンだけではなく金属部分にも経年劣化は起こるものなので、小さな交換だけをして次々と水漏れを起こす前に、古くなった本体ごと交換するという判断をしてもらえます。問題の水道が古い場合は、自力修理より業者さんに見てもらった方が安心です。